preloder

その他バリエーション

バリエーションその他バリエーション

操作部品の形状が異なる製品があります
少しの違いですが操作に多少の影響があります

– シャッター速度・絞り設定操作ダイヤル –

このカメラ最大の《 売り 》である露出決定操作を担う部品です。
2段構造になっているダイヤルの形状が異なる製品があります。
minolta auto wide exposure setting wheel
画像左 : ホイール
画像右 : ホイール

1段目がシャッター速度設定ダイヤルで、側面の外周に滑り止めが施されています。
2段目となる絞り設定用のホイールは速度設定ダイヤルの内側にはめ込まれたように付いていて、正面にサークル状の滑り止めが施されています。

全体がフラットに近いタイプと、外側から中央のサークル状の滑り止めまでが円錐状に高さが増して、その内側がくぼんでいるタイプとがあります。
高さのあるタイプは、2段目のホイールだけでなく1段目のダイヤルの形状にも違いがあり、操作部品全体ではソロバン玉を思わせる様な形です。

minolta auto wide variation LV interlock wheel
左画像 : ホイールが低く全体が平面的
右画像 : ホイールが高く全体が立体的

わずかな形状の違いですが、操作をしやすくする意図をもって変更が加えられたと思えます。
1段目のダイヤルだけを操作する際には、特にそのように感じられます。

詳しくは

の項で紹介しています

– フィルム送りインジケーター –

巻戻しクランクレバーがカメラ底部に納まっている状態で、レバーのヒンジ部分にある丸穴から覗く軸の回転を見る事によってフィルム送りを確認するようになっています。この丸穴の大きさが異なる製品があります。
minolta auto wide film transport indicator上画像 : 巻き戻しクランクレバーがカメラ本体の底に折りたたまれている様子 ( 丸穴  の製品 )

上の画像の左側に写っている三脚取り付け用のネジ穴と比べても、レバーはかなり大きなものです。それでもヒンジの付け根のところに設けられた丸穴は、操作する上で充分には大きくありません。

minolta auto wide film transport indicator A-B
左画像 : 丸穴
右画像 : 丸穴

フィルムを装填する時や、巻き上げ操作によるフィルム送りを確認する上での使い難さを感じる部分であり、少しの違いが不都合となりえます。
ほんの僅かなサイズの違いですが、視認性を良くする意図をもって変更が加えられたように思えます。

詳しくは

の項で紹介しています

スポンサーリンク

バリエーションその他

 操作への影響は殆んど無いか判らない程度ですが、他の部品にも異なる部分がいくつかあります。

– セルフタイマーダイヤル –

セルフタイマーをセットするときに操作するダイヤルに違いがあります。
本体から出ている操作部分の大きさと、操作方向を示す矢印の刻印の大きさが異なった製品があります。
minolta auto wide variation-self-timer
画像左 : 操作部分  / 矢印
画像右 : 操作部分  / 矢印

操作部分が本体から大きく出ている製品の方が操作しやすいですが、意図されたとはっきり思えるほどには違っていません。
それでもこの違いが、露出設定ダイヤルとフィルム送りインジケーターに見られる操作しやすい方の違いがある製品上に見られますので、改良として意図されたものではないとも言えません。
矢印は細い方が洗練された印象もありますが、中間的なものもあり工作の違いだけなのかも知れません。

詳しくは

の項で紹介しています

– ブライトブレーム用の採光窓 –

ブライトブレーム用の採光窓の内側に帯状のマスクがある製品とない製品があります。
minolta auto wide variation-viewfinder-window
画像左 : マスク なし
画像右 : マスク あり

製造上の理由があるのかも知れませんが、どちらの製品でもブライトフレームの形に違いはありません。

– 裏ぶた内側のパトローネ押さえ部品 –

裏ぶたの内側のパトローネ室にあたる部分に丸い部品が上下に2つ取り付けられています。上下に同じ大きさの部品が付いた製品と、下の部品が大きい製品とがあります。
minolta auto wide variation back cover inside
画像左 : 下部品
画像右 : 下部品

丸い部品は裏ぶたの内側からパトローネを押さえて固定する役目をします。
部品の大きさの違いが働きに影響しているような事はなく、この違いが技術的な工夫として意図されたものではないように思えます。なにか他の理由があったのかも知れません。

AUTO WIDE 12

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGETOP
Copyright © AUTO WIDE TWELVE All Rights Reserved.

AUTO WIDE TWELVE