loader image

連動露出計バリエーション

バリエーション連動露出計バリエーション

連動露出計の表示が異なっている製品が存在しています

 – 設定のLV(ライトバリュー)表示の有無が主な違いです –

LV(ライトバリュー)の表示機能がある製品の連動露出計には、ディスク状の部品の外周に沿った目盛りのあるプレートが付いています。

minolta auto wide film speed setting knob

ライトバリューを表示する製品では、ディスク状の部品の形状が目盛りのプレートに沿って回転する円形になっています。
ライトバリュー目盛りのプレートが付いていない製品のディスクは、円形の外周の一部分がひと回り大きくなっていて、その部分にフィルム感度の表示サインが記されています。

minolta auto wide variation exposure meter
– 画像左 –
LV 表示機能なし
– 画像右 –
LV 表示機能あり

目盛りが付いている製品のディスク状の部品にはメーターの指標となる  マークとフィルム感度表示の他に  マークが印されています。
目盛りの指標となる  マークがある位置で設定のライトバリューを示す事ができます。
ライトバリューの目盛りは 2 から 18 までの値になっています。( 設定できるのは 3 から 18

詳しくは

で紹介しています

スポンサーリンク

ライトバリューの目盛りがある製品にも表示と設定機能が異なる製品があります。

ディスク状の部品は二重構造になっていて、▲ マークのある上の層と マークおよびフィルム感度を表す数値が記してある下の層で構成されています。
下の層に記してある数値の種類と値が異なっていて、この違いに対応して上の層のディスクの形状と表示が異なる製品があります。さらに下の層の配色が異なっています。

minolta auto wide variation exposure meter
– 画像左 –
フィルム感度表示 〈 ASA 〉 のみ
– 画像右 –
フィルム感度表示 〈 ASA 〉 と 〈 DIN 〉

上の層のディスクには下の層にあるフィルム感度の数値を表示させるための開口部が設けられています。
この開口部が1つある製品と2つある製品が存在していて、感度表示の規格には 〈  ASA  のみ、もしくは 〈  ASA  〉 〈  DIN   の両方が用いられた製品があります。
表示させるフィルム感度の値の単位となる規格名が開口部の近くに記してあります。

 

設定できる感度範囲が異なる製品があります。

設定できる最小感度はどの製品でも 〈  ASA 10  〉 または 〈  ASA 10    DIN 11° になっていますが 、最高感度は  〈  ASA 400  または 〈  ASA 800    DIN 30° もしくは 〈  ASA 1600   DIN 33° になっています。

スポンサーリンク

minolta auto wide variation exposure meter最小設定感度は各製品とも共通 〈 ASA 10 , ASA 10 / DIN 11° 〉
minolta auto wide variation exposure meter
– 画像左 –
最高設定感度〈 ASA 400 〉
– 画像中央 –
最高設定感度〈 ASA 800 / DIN 30° 〉
– 画像右 –
最高設定感度〈 ASA 1600 / DIN 33° 〉

minolta auto wide film speed asa 10-100
ASA 10
ASA 32
ASA 50
ASA 100

minolta auto wide film speed asa 200-400
ASA 200
ASA 400

ライトバリュー表示 : あり        フィルム感度表示 : ASA        設定感度 : 10 〜 800

minolta auto wide film speed din / asa 10-100
ASA 10 / DIN 11°
ASA 32 / DIN 16°
ASA 50 / DIN 18°
ASA 100 / DIN 21°

minolta auto wide film speed din / asa 200 - 800
ASA 200 / DIN 24°
ASA 400 / DIN 27°
ASA 800 / DIN 30°

ライトバリュー表示 : あり     フィルム感度表示 : ASA / DIN     設定感度 : 10 / 11° 〜 800 / 30°

auto wide film speed setting DIN-ASA_10-100
ASA 10 / DIN 11°
ASA 32 / DIN 16°
ASA 50 / DIN 18°
ASA 100 / DIN 21°

minolta auto wide film speed setting DIN-ASA_200-1600
ASA 200 / DIN 24°
ASA 400 / DIN 27°
ASA 800 / DIN 30°
ASA 1600 / DIN 33°

ライトバリュー表示 : なし     フィルム感度表示 : ASA / DIN     設定感度 : 10 / 11° 〜 1600 / 33°

minolta auto wide はライトバリューシステムを用いてメーター針に マークの指標を合わせる操作によって、絞りとシャッター速度の両方の設定を内蔵露出計と連動させる事を可能としたカメラです。
〝 追針式 〟と呼ばれるこの方法により、ライトバリューシステムを用いながらもライトバリューの表示を必ずしも必要とはしていません。
Light value
詳しくは

で紹介しています

ライトバリューの目盛りを持たないタイプの製品は、ライトバリューを表示しない事によって〝 内蔵露出計に完全に連動したカメラ 〟である事をアピールしているかの様にも思えます。

 

 

ASA ( American Standards Association : アメリカ標準協会 ) 規格
製品が発売された当時のアメリカの国内工業規格

1918年に AESC ( American Engineering Standards Committee : アメリカ工業規格委員会) として設立され、1928年に ASA へと改名した標準化組織による規格。
1966年に USASI ( United States of America Standards Institute : アメリカ合衆国規格協会 ) へと発展して、1969年に ANSI ( American National Standards Institute : アメリカ国家規格協会 ) に改名しています。

DIN ( Deutsche Industrie Normen : ドイツ工業規格 ) 規格
製品が発売された当時のドイツの国内工業規格

1917年に NADI ( Normenasschu der deutschen Industrie : ドイツ工業規格委員会 ) として設立され、1926年に DNA ( Deutscher Normenausschuss : ドイツ標準化委員会) へと発展した標準化組織による規格。
1975年にドイツの国家標準化機関となって規格名と同じ略称の DIN ( Deutsches Institut für Normung e.V. : ドイツ規格協会 ) へ改名しています。

ISO( International Organization for Standardization : 国際標準化機構 )は1947年に発足していましたが、製品が発売された1958年当時はフィルム感度の ISO 規格がなく、感度表記は ASADIN 規格で表示されたフィルムが市販されていました。
1982年に ISO 規格が策定されて 《  ISO 100 / 21° 》 のように、それまでにあった両方の規格を併記する形で統一されています。

 

 

AUTO WIDE 12

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PAGETOP
Copyright © AUTO WIDE TWELVE All Rights Reserved.

AUTO WIDE TWELVE